株式会社マーコ

スタッフブログ

新品種 『弓戸の恒』 出荷始まる。

2016年06月14日

新品種 『弓戸の恒』 が咲いてきました。
現在の夏菊 「一世」 「優香」 「白扇」 に代わり主力品種となる可能性を感じます。

弓戸の恒
弓戸の恒

ロイヤリティーが掛からない。
立ち枯れに強い。

生産者にとっては魅力的な品種です。

花のボリュームもあるので生花店にとっても良いと思いますよ。

技術の匠(電照菊農家 青山智行)

2016年04月26日

平成28年度より中学校で使用される技術・家庭科の教科書
『新編 新しい技術・家庭』 技術分野 (東京書籍)
の中で「技術の匠」として弊社代表取締役の青山智行が掲載されることとなりました。

DSCF1653_convert_20160426141100
DSCF1658_convert_20160426133938

また、全国の小中学生向けに無料でご利用いただけるウェブサイト
「EduTown モノづくり」の中の「技術の匠」特集コーナーにて映像がご覧いただけます。

こちらもご覧ください。
↓↓↓↓↓↓
技術の匠「青山智行」

新品種『弓戸の恒』

2016年03月10日

本年度の夏菊から新品種『弓戸の恒』の栽培を始めます。

1年の試験期間を経て徐々に新品種への移行を考えておりましたが、生産者やユーザー共にメリットの出せる品種であると確信したので、来年度以降は全量『弓戸の恒』へ移行するつもりです。

今まで主流であった『精の一世』の問題点
・立ち枯れ病に弱い
・ダニが付きやすい
・開花日数が長い
・10月~11月ごろに露心花が発生する
・ロイヤリティーがかかる

 

これらの問題点をすべて解決した『弓戸の恒』
DSCF2152_convert_20160310141604
DSCF2148_convert_20160310141643

電照菊の伝承

2016年02月15日

先日、愛知教育大学より冊子が届きました。

1455512290482_convert_20160215140808

昨年末に愛教大の生徒さんたちが訪ねて来たときの研究報告書です。

いくつかのグループで田原市の農業等について、「地域の子供たちに伝えられる様な授業教材を作る」ということであり、
その中で彼女たちは電照菊の教材化に取り組んでいました。

私たちも子供たちに少しでも興味を持ってもらえるようならと思い、ご協力させていただきました。

将来の教師になる人達が、教材を自分の目で耳で調べることはとても良いことだと思います。
今ではネットで調べればほとんどのことが分かるけど、実際に現場に行き、生の声を聴き、物に触れ、体験することにより、
生徒への教え方も変わってくるのではないでしょうか。

最後の追い込み

2015年12月24日

本年も残り僅かとなりました。

年末出荷用の白菊が最盛期となり、連日大忙しです!

201512241343116ce
DSCF1624_convert_20151224134219

お客様より多くのご注文が入り、全てお受けすることが出来ず残念ながらお断りさせていただいております。
お断りさせていただいたお客様にはご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。

12月28日(月)が本年の出荷の最終日となっております。
それまで出来るだけ多く出荷できるようがんばりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

渥美の電照菊

2015年12月02日

日本一の収穫量を誇る愛知県田原市の電照菊
この電照風景は秋の夜長に情趣を添えるものとして観光名物にもなっております。
今ではLEDの普及もあり、赤色の光を放つ風景も見られます。

弊社では、いち早くLEDに注目し、2年間の試験栽培の後、2009年より本格的にLEDを導入いたしました。
(私の知る限りではこの業界で1番はじめに導入しています)

当初のLEDでは問題点も多く、試行錯誤を繰り返し、失敗も多くしましたが、今では安定的に高品質な作物を栽培できるようになりました。

また、LEDの技術も発達し、広範囲に広がるものや、赤色と白色を組み合わせたもの等様々なタイプが出て来ています。

私たちはLED技術を農業に応用し、省エネとコスト削減に成功することが出来ました。

LED+1_convert_20151202165427
DSCF1575_convert_20151202165340

Go To Top