株式会社マーコ

スタッフブログ

ナノバブル水研修(千葉)

2016年05月17日

農業分野において、ナノバブル水で効果を上げている生産者を訪ね、千葉県に行ってきました。

千葉駅からレンタカーを借りて房総半島の先まで約2時間かけてまず訪問したのは、有限会社タイヨー種苗です。

川名社長にいろいろとお話を聞き、生産者を紹介していただきました。

話を聞いていると夢のような話ばかりです。

「トルコキキョウの開花が通常より1ヶ月早くなった」
「とうもろこしの収穫本数が今までの5倍採れた」
「いちごはナノ水を散布していれば農薬はいらないよ」
「ひまわりの根傷みしたのが復活した」
「根こぶ線虫がいても問題なく栽培できるよ」
「発芽率50%の種がほぼ100%発芽した」

等々、他にもいろいろとあり、本当かなと思うのですが、実証している農家がいるのです。

実際、私たちも使っているのですが、そこまでの効果は実感していないので、なんでだろうと不思議だったのですが、
使い方に問題があるのだと判明しました。
(ここではあまり詳しく書くことが出来ないのですみません)

成果を上げている農家は企業秘密の部分もあり、なかなか教えてくれないのですが、川名社長のお力添えもあり、普段聞けないようなようなことも教えていただきました。

本当にありがとうございました。

ナノ水講習会

2016年03月23日

本日、私たちの仲間や関係者を招待し、ナノバブル水の講習会を開催いたしました。

講師に昭光通商アグリ様とサカタのタネ様をお招きし、使い方や効果などご説明いただき、内容の濃い講習会となりました。

ナノ(10億分の1)サイズの酸素を含んだ水をは根からの吸収が良くなり、健康な植物となります。

健康となれば、病気になりにくくなり、虫もつきにくくなります(消毒が減らせます)
消毒の吸収も良くなるので減農薬栽培が可能となります。

また、ナノ水をかけて育てた植物は日持ちが良くなることが実証されています。

植物にとって良いことばかりなので私たちの関係者にお伝えしました。

1458722466380_convert_20160323174735
1458722475462_convert_20160323174820

Go To Top