株式会社マーコ

スタッフブログ

月のリズム農法

2016年04月22日

本日、4月22日は満月です。

月の満ち欠けは農業に欠かせないリズムがあるのです。

私たちの祖先は、月のサイクルによって当たり前のように農作業をしていたのですが、いつしか化学農薬や化学肥料などの即効性のある薬を頼り、忘れられていってしまいました。

私たちもお付き合いのある株式会社ツボイ様のHPに「月のリズム農法」というのがあり、そこに詳しく出ているので興味のある方は参考にしてください。

↓↓↓↓↓↓
月のリズム農法

震災

2016年04月21日

この度の熊本県熊本地方を震源とする地震により被災された皆さま、ご家族、ならびにご関係者の皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

弊社とも取り引きのある企業様や生産者の方々もこの地方にはたくさんおり、安否が心配されます。

私たちの地域も南海トラフ地震がいつ来てもおかしくない状況であり、不安な日々が続きます。

 

一日でも早く笑顔が取り戻せるよう心から応援いたします。

あいち・じもと農林漁業成長応援「食」と「農」の大商談会

2016年03月25日

昨日、第1回 『あいち・じもと農林漁業成長応援「食」と「農」の大商談会』が名古屋であり、私たちも出展してまいりました。

地元愛知県で開催し、数多くの熱心なバイヤー様にご訪問していただき誠にありがとうございました。

特に今回感じたのは、地元の食材やそれらを使った加工品を探して見える方がたくさん来ていたなと感じました。
私たち田原市も農産地帯であるのですが、それらの食材は関東や関西に行くことが多く、地元ではあまり消費されていませんでした。しかし、地産地消に対する思い入れが強いバイヤーが多く、その重要さを改めて感じることが出来、とても有意義な展示会となりました。

弊社のこだわって育てた とまと、いちご、キャベツ等、みなさん反応が良く成果として表れてくると感じています。
今後も魅力あふれる商品を栽培、開発していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

1458888182267_convert_20160325155340
弊社とお取り引きのある蒲郡信用金庫様・豊橋信用金庫様等が共催となっております。
「ゆるきゃら」も来ていました。

 

1458888197751_convert_20160325155427
展示風景

1458888189814_convert_20160325155502
「とまとのこころ」・「いちごのしあわせ」

ナノ水講習会

2016年03月23日

本日、私たちの仲間や関係者を招待し、ナノバブル水の講習会を開催いたしました。

講師に昭光通商アグリ様とサカタのタネ様をお招きし、使い方や効果などご説明いただき、内容の濃い講習会となりました。

ナノ(10億分の1)サイズの酸素を含んだ水をは根からの吸収が良くなり、健康な植物となります。

健康となれば、病気になりにくくなり、虫もつきにくくなります(消毒が減らせます)
消毒の吸収も良くなるので減農薬栽培が可能となります。

また、ナノ水をかけて育てた植物は日持ちが良くなることが実証されています。

植物にとって良いことばかりなので私たちの関係者にお伝えしました。

1458722466380_convert_20160323174735
1458722475462_convert_20160323174820

コンパニオンプランツ(とまと)

2016年03月19日

当農場のとまとハウスで現在行われているコンパニオンプランツをご紹介します。

※コンパニオンプランツ
  近傍に栽培することで互いの成長に良い影響を与え共栄しあうとされる植物のことを指す。
  野菜類等とハーブ類等をうまく組み合わせて一緒に植えると、病害虫を防いだり、
  成長を促進したり、収穫量が増えたり、風味や芳香を良くしたり等、
  様々な良い効果を生み出すと言われている。

・大豆
  大豆の根には根粒菌が存在しており、大気中の窒素をアンモニアに変換し(窒素固定という)、
  植物の成長に欠かせない窒素を大豆に供給する働きをしている。
  大豆が根にため込んだ養分(窒素)をトマトが頂くことで化学肥料を使わず栽培できる。

・バジル
  トマトを害虫から守り、生育を促進させ風味を良くする。
  コナジラミ、ハエ、蚊、アブラムシなどを寄せ付けない効果がある。
  また、余分な水分を吸収してくれるため、トマトの水分が必用以上に多くなるのを
  防ぎ、甘味を出すことを助ける。

・麦
  野菜が育つ菜園の土は、水はけが良く、水持ちの良い土である。
  麦の根は硬い土の層を突き抜け水はけを良くする効果がある。

・ニラ
  ニラの根に存在する拮抗細菌が、萎ちょう病等の病原菌を抑えたり、
  害虫を遠ざけたりする。
  また、連作障害防止にも良い。

20160319151111f6e

新品種『弓戸の恒』

2016年03月10日

本年度の夏菊から新品種『弓戸の恒』の栽培を始めます。

1年の試験期間を経て徐々に新品種への移行を考えておりましたが、生産者やユーザー共にメリットの出せる品種であると確信したので、来年度以降は全量『弓戸の恒』へ移行するつもりです。

今まで主流であった『精の一世』の問題点
・立ち枯れ病に弱い
・ダニが付きやすい
・開花日数が長い
・10月~11月ごろに露心花が発生する
・ロイヤリティーがかかる

 

これらの問題点をすべて解決した『弓戸の恒』
DSCF2152_convert_20160310141604
DSCF2148_convert_20160310141643

新記録達成!

2016年02月29日

昨日は天気も良く、絶好の菜の花日和でした。

菜の花まつりメイン会場では、朝からたくさんの人で、駐車場に車を止めるにもひと苦労(*´~`*)

1日の来場者数 7,000人 が今まで最高だったのが、昨日はそれを超えるくらいの大盛況。
(正式発表はまだですが、菜の花部会長もびっくりしていました。)

2016022916310350c

テレビ放映の影響か、口コミでの影響かわからないけど、うれしい限りですヽ(≧∀≦)ノ

土日は子供たちや若い方たちが多くなるので私たちのお店にも変化が、

売れ筋 №1の座を獲得したのは・・・

 

チョコいちごでした~。
20160229163427f81

3月いっぱいまで、まだまだ見ごろとなっております。
天気のいい日には最高の景色なので、ご夫婦、家族、恋人、友達、みんなで遊びに来てください。

ナノバブル水(いちごへの効果)

2016年02月24日

昨年11月よりナノバブル発生装置を購入し、栽培に取り入れました。

ナノバブル発生装置とは、水の中に「目には見えない小さな泡」を発生させる装置です。この小さな泡の大きさはナノメートル(100万分の1ミリメートル)と呼ばれる単位で、100ナノメートルより小さなものが「ナノバブル」と呼ばれ、水の中で浮かずに何ヶ月も水中に残ることが特徴です。ナノバブルを大量に含んだ水はナノバブル水と呼ばれ、「酸素が多く含まれた水」ということに成ります。

期待できる効果
20160224132943d9e
201602241329406aa
20160224132942644

最初に目に見えて効果が表れたのはいちごです。
悩まされていたうどんこ病も農薬を使っていないのに発生しなくなり、根張りが良く元気な茎葉となりました。
日持ちも良くなった気がします。

減農薬から無農薬へ栽培が可能かと期待を膨らませております。

また、硝酸イオン濃度についても一度計測してみようかと考えています。

電照菊の伝承

2016年02月15日

先日、愛知教育大学より冊子が届きました。

1455512290482_convert_20160215140808

昨年末に愛教大の生徒さんたちが訪ねて来たときの研究報告書です。

いくつかのグループで田原市の農業等について、「地域の子供たちに伝えられる様な授業教材を作る」ということであり、
その中で彼女たちは電照菊の教材化に取り組んでいました。

私たちも子供たちに少しでも興味を持ってもらえるようならと思い、ご協力させていただきました。

将来の教師になる人達が、教材を自分の目で耳で調べることはとても良いことだと思います。
今ではネットで調べればほとんどのことが分かるけど、実際に現場に行き、生の声を聴き、物に触れ、体験することにより、
生徒への教え方も変わってくるのではないでしょうか。

社会見学

2016年02月04日

豊川小学校の生徒さんたちが社会見学にやってきました。

当初、1月に予定をしていたのですが、雪で来ることが出来ず本日となりました。

12時45分 
予定より少し早く到着。

とりあえずいちごを食べてもらうこととして、子供たちの反応をうかがうこととしよう。
取り合いになるのでそこは先生方が上手に仕切ってくれました。
「こんなにおいしいイチゴははじめて!」 「どうやって作ればこんなに甘くなるの?」
さすが子供たち。反応がいい。
とっても美味しそうに食べるので生産者としてはうれしいかぎりです。

青山社長のお話。みんな真剣にメモを取っていたね。

DSCF2066_convert_20160204162305

この後、電照菊やトマトの圃場を見学して帰っていきました。

少しでも農業に興味をもってもらえたかな?

Go To Top