株式会社マーコ

スタッフブログ

新品種『弓戸の恒』

2016年03月10日

本年度の夏菊から新品種『弓戸の恒』の栽培を始めます。

1年の試験期間を経て徐々に新品種への移行を考えておりましたが、生産者やユーザー共にメリットの出せる品種であると確信したので、来年度以降は全量『弓戸の恒』へ移行するつもりです。

今まで主流であった『精の一世』の問題点
・立ち枯れ病に弱い
・ダニが付きやすい
・開花日数が長い
・10月~11月ごろに露心花が発生する
・ロイヤリティーがかかる

 

これらの問題点をすべて解決した『弓戸の恒』
DSCF2152_convert_20160310141604
DSCF2148_convert_20160310141643

新記録達成!

2016年02月29日

昨日は天気も良く、絶好の菜の花日和でした。

菜の花まつりメイン会場では、朝からたくさんの人で、駐車場に車を止めるにもひと苦労(*´~`*)

1日の来場者数 7,000人 が今まで最高だったのが、昨日はそれを超えるくらいの大盛況。
(正式発表はまだですが、菜の花部会長もびっくりしていました。)

2016022916310350c

テレビ放映の影響か、口コミでの影響かわからないけど、うれしい限りですヽ(≧∀≦)ノ

土日は子供たちや若い方たちが多くなるので私たちのお店にも変化が、

売れ筋 №1の座を獲得したのは・・・

 

チョコいちごでした~。
20160229163427f81

3月いっぱいまで、まだまだ見ごろとなっております。
天気のいい日には最高の景色なので、ご夫婦、家族、恋人、友達、みんなで遊びに来てください。

ナノバブル水(いちごへの効果)

2016年02月24日

昨年11月よりナノバブル発生装置を購入し、栽培に取り入れました。

ナノバブル発生装置とは、水の中に「目には見えない小さな泡」を発生させる装置です。この小さな泡の大きさはナノメートル(100万分の1ミリメートル)と呼ばれる単位で、100ナノメートルより小さなものが「ナノバブル」と呼ばれ、水の中で浮かずに何ヶ月も水中に残ることが特徴です。ナノバブルを大量に含んだ水はナノバブル水と呼ばれ、「酸素が多く含まれた水」ということに成ります。

期待できる効果
20160224132943d9e
201602241329406aa
20160224132942644

最初に目に見えて効果が表れたのはいちごです。
悩まされていたうどんこ病も農薬を使っていないのに発生しなくなり、根張りが良く元気な茎葉となりました。
日持ちも良くなった気がします。

減農薬から無農薬へ栽培が可能かと期待を膨らませております。

また、硝酸イオン濃度についても一度計測してみようかと考えています。

電照菊の伝承

2016年02月15日

先日、愛知教育大学より冊子が届きました。

1455512290482_convert_20160215140808

昨年末に愛教大の生徒さんたちが訪ねて来たときの研究報告書です。

いくつかのグループで田原市の農業等について、「地域の子供たちに伝えられる様な授業教材を作る」ということであり、
その中で彼女たちは電照菊の教材化に取り組んでいました。

私たちも子供たちに少しでも興味を持ってもらえるようならと思い、ご協力させていただきました。

将来の教師になる人達が、教材を自分の目で耳で調べることはとても良いことだと思います。
今ではネットで調べればほとんどのことが分かるけど、実際に現場に行き、生の声を聴き、物に触れ、体験することにより、
生徒への教え方も変わってくるのではないでしょうか。

社会見学

2016年02月04日

豊川小学校の生徒さんたちが社会見学にやってきました。

当初、1月に予定をしていたのですが、雪で来ることが出来ず本日となりました。

12時45分 
予定より少し早く到着。

とりあえずいちごを食べてもらうこととして、子供たちの反応をうかがうこととしよう。
取り合いになるのでそこは先生方が上手に仕切ってくれました。
「こんなにおいしいイチゴははじめて!」 「どうやって作ればこんなに甘くなるの?」
さすが子供たち。反応がいい。
とっても美味しそうに食べるので生産者としてはうれしいかぎりです。

青山社長のお話。みんな真剣にメモを取っていたね。

DSCF2066_convert_20160204162305

この後、電照菊やトマトの圃場を見学して帰っていきました。

少しでも農業に興味をもってもらえたかな?

売れ筋 No.1は・・・

2016年02月03日

急きょ決定した菜の花まつりへの出店ですが、1ヶ月が経ちなんとか形になってきました。

手探りで少しずつ手を加え改善し、品数も徐々に増やし、奮闘しています。

中でも1番人気は『大粒イチゴのちょっと贅沢な苺大福』です。
人気のあまり品切れすることも多くご迷惑をお掛けすることもありましたが、
生産量を増産しましたのでこれからは大丈夫だと思います。

1454481147638_convert_20160203154128

そういえば昨日はぐっさん家の撮影が来ていましたね。

1454550955352_convert_20160204105958

菜の花まつりTV撮影

2016年02月02日

昨日、東海テレビさんが菜の花まつりの撮影にやってきました。

『スイッチ』での生放送であり、アナウンサーの本仮屋さんが紹介してくれました。
終了後、私たちのお店にも立ち寄ってトマトスープを購入してくれました\(^o^)/
テレビで見てもかわいいと思っていたのですが、実際はそれ以上にかわいかったです。
時間のない中、写真を撮っていただきありがとうございました。

ひと段落し、事務所に戻ろうとしたとき、今度はゴリさんがやってきました。
中京テレビの『ゴリ夢中』のロケだそうです。

1454386924396_convert_20160202132840
1454386932521_convert_20160202132953

菜の花まつりには、いろんなタレントさんがやってきます。
先月はハリセンボンやたんぽぽ、加藤晴彦さん等が訪れました。
みなさんも一度来てみてはいかがですか(*^_^*)

イチゴ狩りをしないのは・・・

2016年01月30日

お客様より「イチゴ狩りはやっていないの?」と尋ねられることが良くあるのですが、当農園ではイチゴ狩りは行っておりません。
以前は観光農園もやっていたのですが、品質の良いイチゴをお客様にお届けするために閉鎖いたしました。

イチゴは特にデリケートな果物であり、触る回数により傷み具合に変化が出てきます。
なるべく触る回数を減らし収穫することにより、傷みの少ない高品質なイチゴを提供できることが出来るのです。

イチゴ狩りをするのであれば、そのハウスでは素人のお客さんが幾度となく触手しているので、とても店頭にならべられるようなものはお出しすることは出来ません。

熟練のプロが手塩にかけて育てた高品質のイチゴだからこそ、洋菓子店や消費者から高評化をいただき、口コミで広がりつつあるのです。

20160130165022ad2

田原市にも初雪

2016年01月25日

温暖な渥美半島にも今朝、初雪が舞い降りました。

1453694499371_convert_20160125133316

うっすらと積もっただけなのですが、通勤時間でもあり、雪になれていない住民はノロノロ運転&スリップでプチ渋滞が出来ていました。しかし、9時ごろには太陽も出て、跡形もなくなっていました。

1月上旬までは暖冬で農作物が順調と言われていましたが、ここにきての寒波で一気に成長がストップ。収穫量も激減。。。

1453694491193_convert_20160125133243

天候に左右されやすい農業ですが、安定的に出荷できるよう早めに対策をとり、取り組んでいきたいと考えております。

新年会

2016年01月23日

昨日、マーコグループの新年会が伊良湖ビューホテルで行われました。

1453502587862_convert_20160123122607

生産者や関連業者、お客様等たくさんの方々にお越しいただき盛大に新年会を迎えることが出来ました。
毎年のことですが、この様な会を開くと遠方よりたくさんの方々にお越しいただいております。
多くの方々に支えられてこのお仕事が出来ていることを感謝し、皆様にとって必ずプラスになるよう日々の努力を惜しまず、前を向いて突き進んで行きますので、本年度も今まで以上に宜しくお願いいたします。

Go To Top